銀行の金利が長い間低迷しています。大切な資金を銀行に寝かせておいても金庫代わりにしかなりません。逆に目減りするので、高額の資金を口座に置かないように言う銀行もあります(Volksbank Meerbusch 2019年1月現在)。

 

ドイツという安心できる先進大国でマンションを購入して、安定した店子の需要があり、資金があれば、安心できる家賃収入を得るのはの簡単なことです。

 

物件の場所や価格、程度、条件等は選び抜く必要がありますが、それらのノウハウ、準備から運用までのサポートを全て承っております。その後例えば毎年、あるいはそれ以上の頻度でアパートの様子を見学に訪独することも勿論可能です。

 

納税額は利益に対して約25%、おおよそのリターン率は約7%~10%を見込んでいますので、投資した物件に関しては約10年~20年後に資金の回収が終了することになります。つまり、投資した金額のドイツの不動産が約10年~20年で手に入り、その後の家賃は収入となります。

 

詳しいコンセプトは、投資コンセプト のページをご覧下さい。